EXHIBITION

NEW

2017
SAT OCT 28 - SUN NOV 5

La Maison de Vent 鈴木麻起子
めぐり逢う器 展

この度、La Maison de Vent 鈴木麻起子 企画展を開催致します。
3度目となるグラフペーパーでの企画展、いつも”新緑がぐんっと芽を伸ばすような気持ちでこの企画展に向き合っています” と鈴木麻起子さんは語ります。
代名詞とも言える柔らかく鮮やかなターキッシュの器は、雲ひとつない空を美しいと感じるその気持ちに似ていて、理屈なく私たちの本能に訴えかける不思議な魅力を放ちます。

今回の個展では、ゆがみのある器や別注のSimple bowlに加え、新しいデザインのポプリポットやdeep bowlが新たに加わります。毎年、紅葉の色付きと共に開催する本展。
優しく繊細な作品たちを是非ご覧くださいませ。

2017年10月28日(土) - 11月5日(日) 月曜定休 *完売次第終了
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

<お客様へ ご案内とお願い>
企画展開催初日の28日は多くのお客様の来場を予想しており、会場キャパシティの都合及び安全面への配慮から、5名様ずつの入場制限をさせて頂く予定です。
開店1時間前の11時より、整理券を配布致します。近隣にお住いの方のご迷惑となりますため、11時以前に店舗前でお待ちになるのはご遠慮願います。
(11時以前に並ばれても順番は無効とさせて頂きますので、ご注意下さいませ。)
また、転売目的のお客様の来場は固くお断りさせて頂きます。
ひとりひとりのお客様にゆっくりお買い物を楽しんで頂くため、当日は上記の点をご了承のうえ、お越し頂けますよう宜しくお願い致します。
皆様にお目にかかれるのを楽しみに致しております。

Graphpaper スタッフ一同

2017
SAT OCT 07 - SUN OCT 15

OVERCOAT
x
Graphpaper
POP-UP STORE

”THOM BROWNE”や”RALPH LAUREN PURPLE LABEL”など世界的に名高い多くのブランドをクライアントに抱え、パターンからサンプル製作、デザインコンサルティングを行っている”大丸製作所”。
“OVER COAT”はNYを活動拠点としている同社が「自分達の想像をも超える新しいクリエーションを」という思いで立ち上げた新プロジェクト。

多国籍な街だからこそ生まれるデザインやポップな色使い。その特有の感覚と確固たるテーラリング技術が融合した作品たちはそれぞれがクラシックでいて独創的な表情を持つ。男女どんなサイズの人が着ても肩のラインが奇麗に出るパターンをはじめ随所にこだわり抜かれたティテールワークが光る作品たち。 是非この機会にご覧ください。

2017年10月7日(土) - 10月15日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
TUE SEP 26 - WED OCT 04

蠣﨑 マコト 硝子展

優しくて暖かい朝の光や柔らかな夕日、
ありふれた日常の美しさをふと気付かせてくれる作品の
シンプルでミニマルな佇まいには、
フォルムへの 美しさを追求する蠣﨑氏の姿勢がよく表れています。
前回ご好評頂きました特注グラスを含め、
代表作の数々と光の透過により水面の揺らぎのような穏やかな
灯り放つランプシェードやコンポートなど、
グラフペーパーでは初めてのお取扱いとなる作品も多くご紹介致します。

尚、作家在店日の9月30日(土)・10月1日(日)の二日間は、”バー 蠣﨑"と称し、蠣﨑氏のグラスでご来店頂きました皆さまにビールを振舞わせて頂きます。
ランプの優しい光の中で、蠣﨑氏の 人柄に触れながら、ゆっくりと作品をご覧頂ければ幸いです。 この機会に是非お立ち寄りくださいませ。

2017年9月26日(火) - 10月4日(水)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
SAT SEP 16 - SUN SEP 24

Aeta 展

"めぐり逢えた"から由来したブランド名の通り、デザイナーが経験した様々な出会いの中からインスピレーションを得てプロダクトを行う同ブランド。一つ一つ職人の手によって製作される作品は、細部まで妥協のない高い完成度を誇ります。今シーズンは、ファーストコレクションからリリースし続けブランドアイコンのような存在である"レザーコレクション"と、昨シーズンより加わった"ウェルダーコレクション"に新色・新型を加え、ブラッシュアップ。
Aetaの持つミニマルな存在感はそのままに、どこか新鮮で特異な作品たちが一同に介します。

また今回の企画展を記念し、ウェルダーコレクションのバックパックを先行発売致します。
ブランドの新しい世界観をいち早く体感できる貴重なこの機会。
是非この機会にご利用ください。

2017年9月16日(土) - 9月24日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
SAT JUL 15 - SUN JUL 23

吉田 直嗣 展

無駄のない美しい造形。
白、黒、グレーにまとめられたストイックな釉薬の表情。
そのどれもが自然に共存する吉田直嗣氏の作品は、力強くありながら静かな緊張感を放ちます。

2度目となる今回の企画展では、新たな試みとして大物の作品のみを展示。
使用するという用途の概念に囚われず、作家として今表現したい形を思うままに製作して頂きました。

「限界まで削ぎ落とされた作品の緊張感に潜む、大らかさや優しさを感じて頂けたら嬉しい。」
-吉田 直嗣

未知なる挑戦に挑んだ今回の個展。
この機会に、是非ご来店下さいませ。

2017年7月15日(土) - 7月23日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
SAT JUN 24 - SUN JUL 2

小関 康子 陶展

緻密で繊細な線を彫り、美しく仕上げられた文様。
温もりある釉薬の緑やピンクの淡い色合い。
日常の美しさにふと気付かせてくれるような器たちに、是非会いにいらして下さい。

小関 康子 広島県生まれ
1995 愛知県窯業高等技術専門校 入校
1996 同校卒業 瀬戸市内にて作陶開始
日常の食器を中心に制作

2017年6月24日(土) - 7月2日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
TUE JUN 13 - FRI JUN 23

宮城 壮一郎
"重ねる仕事”

Equipment : 装備
Infill : すき間を埋める
Singularity : 特異

「私の暮らす地には飫肥杉と呼ばれる杉もまた暮らしています。それを素材に丸太を削り出し、樹層に在るあらゆる隙間と表層を漆で覆いフォルムを浮き立たせることで、周囲との特異な共生を生むようです。人の手によって自然物を掛け合わせた姿、漆を纏った杉の塊は、どこかハイブリッドな佇まいを持ち、人工物であることと自然物であることの間でゆったりとした大きな緊張感を保持しながら呼吸を続けています。」
宮城 壮一郎

宮崎県を拠点に制作活動する宮城壮一郎氏。 15歳で漆工藝の世界へ入り、今では文化財の修復、彫刻、木を染め座面を編込み制作する椅子に至るまで、その表現の幅は多岐に渡ります。そんな宮城氏の漆の作品を集めた”重ねる仕事”展をGraphpaperにて開催致します。丸太から削り出した飫肥杉のオブジェ、お椀やお盆など、深甚なる漆の世界を是非お楽しみ下さい。

2017年6月13日(火) - 6月23日(金) 
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
SAT JUN 03 - SUN JUN 11

SUEKI ALCHEMY
"用の美”

徳島県鳴門市を拠点に、独自の釉薬の研究や素材の探求を続ける"SUEKI"より、新たに生まれたプロダクト"SUEKI ALCHEMY"。
圧力鋳込みで製作されたインダストリアルな佇まいの”SUEKI CERAMICS”とは差別化し、世界に一つしかないクラフト感と、土や釉薬が生み出す精緻な表情を最大の特徴とした当プロダクトは、"SUEKI"の飽くなき探究心を存分に感じさせる。
徳島の大谷土と愛媛の砥部土を調合し表現された石のような質感と、鉱物の焼成から生まれる釉薬の美しい化学反応を繊細に作品に閉じ込め、食器から花器に至るまで定番という枠を設けず、独創性に溢れた作品作りを体現。

"ALCHEMY"の名の通りまさに"錬金術"が如く、新しい試みを続ける"SUEKIの今"を是非Graphpaperにてご堪能ください。

2017年6月3日(土) - 6月11日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
SAT MAY 20 - SUN MAY 28

CHACOLI
"Military Collection"

「CHACOLI」より新たに制作された〈Military Collection〉の発表ならびに先行受注・販売会を開催。

新コレクションとして発表される〈Military Collection〉は、機能面を重視し考えられたミリタリーバッグの「ケース」としての魅力を再解釈。全てオリジナルのパターンを踏襲し、ブラックとホワイトの2色でミニマルに統一することで、美しく洗練された佇まいに仕上げています。国や年代、用途にこだわらず集めた様々なミリタリーバッグの中から厳選された25種類を、細部にわたる丁寧な縫製と本来の機能性を保つことにより、ミリタリーとしての新たな価値を提案。統一されたカラーにより無駄な先入観を除外し、ケース本来のデザイン性や形にフォーカスさせることで、ファッションとしての側面を浮かび上がらせる。

今回の企画展では先行受注・販売に加え、コレクションのルーツとなったサンプルの展示も共に展示し、Graphpaper でしか体感できない特別な世界観を表現。 この機会に是非ご覧くださいませ。

2017年5月20日(土) - 5月28日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
FRI MAY 12 - THU MAY 18

CAN PEP REY
"POP UP STORE"

ドイツをベースに、Paul ConradiとMaud Vanden Beussecheが生み出す【CAN PEP REY】。彼らのブランドのインスピレーションとなるのは、二人にとって出会いの場所であるスペインの”イビザ"。ブランド名である【CAN PEP REY】はイビザに実際にある古い家の名で、その家から受ける様々なインスペレーションからアイテムを生み出している。そのコンセプトは”ワードローブ”。デコラティブでデザイン性の強さを個性とするブランドとは異なり、あくまで自然でシンプルなリアルクローズをユニセックスで提案。シンプルな中でもシルエットや素材には徹底してこだわっている同ブランド。特にカラーに対してのこだわりが強く、絶妙な色味の違いがアイテムそのもののパーソナリティーや空気感を醸し出している。
今回Graphpaperでは、17SSシーズンより日本に本格上陸する【CAN PEP REY】の初となるPOP UPを開催し、コレクションアイテムを一堂に展開。イビザに実際に存在する”BAR COSTA”を舞台に、家の隣にあるバーにふらっと立ち寄るようなリラックスした空気感をコレクションに投影しています。また、”BAR COSTA”の世界観をまとめたブランド初となるアートブックも共に販売致します。
独自の視点から生み出される魅力的な世界観を是非この機会にご覧くださいませ。

2017年5月20日(土) - 5月28日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
SUN MAR 12 - SUN MAR 19

ED ROBERT JUDSON
"β LABO"

「日常の物事をヒントに架空の職人が生み出すアイディアツール」をコンセプトに、素材、付属、仕様、作業プ ロセスに至るまで、独創的なアイディアでオリジナリティを追求する[ED ROBERT JUDSON]。実験的なアプローチやストイックな素材の探求により生み出されるアイディアをβ版として発信するライン、[ED ROBERT JUDSON β]の”機能や素材の研究所=LABO”は、Graphpaperにて新たな研究発表を行います。
幼い時に誰もが抱く、玩具や機械の仕掛けへの好奇心や高揚感。革新的なプロダクトは、実用性・機能性に優れたアイディアを通してそんな気持ちを思い出させてくれます。
今回の企画展では、開閉機能だけではない、"ファスナーの新たな可能性”に注目しています。ファスナーの持つ特性を活かし、取っ手の位置を自在に移動させることで持ち方やデザインを調整可能にしたバッグは、 インラインの色展開に加え、Graphpaper限定アイテムとしてヌメ革仕様で特別に製作致しました。
他にも新たな機能を持たせた新作の発表、定番アイテムなど幅広いラインナップでブランドの魅力に触れることができます。
皆様お誘い合わせの上、是非ご来店くださいませ。

2017年3月12日(日) - 3月19日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2017
SAT 25 FEB - SUN 05 MAR

THE RERACS
"FITTING HOUSE"

そこはただ試着をするだけの空間。
たくさんの荷物を持って帰らなくても、後日買ったものが家に届けられます。
「LOOKで見つけて気になったアイテム。どこのショップを探してもなかなか見つけられない。」こんな経験はありませんか?
なかなかまとめて見る機会がないTHE RERACSの幅広いラインナップ。
毎シーズンリリースされる定番アイテムや、その定番をベースに進化をさせた新作も、見て、触れることでTHE RERACSの追求するフォルム・素材・機能性を体感できる。
そんな"FITTING HOUSE"をGraphpaperの空間で提案。

<購入までの流れ>
1.その場でサンプルをご試着頂き、ご購入をご希望の際はWEB SHOPでご購入のお手続きをスタッフがご案内させていただきます。
2.送料については1万円以上のご購入で無料でご自宅までご配送させていただきます。
3.原則として、ご注文いただいてから5日以内に発送致します。
4.後日、お客様の家にご注文いただいた商品が届けられます。

2017年2月25日(土) - 3月5日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT 3 DEC - SUN 11 DEC

盛永省治
"表情とかたち"

鹿児島・日置市を拠点に活躍する木工作家 盛永省治氏の企画展を開催。
木そのものが持つ有機的な美やダイナミズムな要素を抽出し、素材の特性を生かした作品を製作する盛永省治氏。 扱う木の個性によって多様な表情を持つもの、色、木目、木肌の感触。
今回は、木工旋盤を使い製作した作品にさらに手を加え、より彫刻的で動きのある形の作品を新作として発表致します。 新作のスツールも加わり、木との出会いを大切にされている盛永氏ならではの見応えある企画展となります。

2016年12月3日(土) - 12月11日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT 22 OCT - SUN 30 OCT

La Maison de Vent
"鈴木麻起子 めぐり逢う器"

この度、二度目となるLa Maison de Vent の作家 鈴木麻起子氏によるめぐり逢う器 展を開催致します。この企画展にあわせ、新作のSimple Bowl Shallowが登場する他、新色のサンティアン、 美しくゆがみを描くボウルや花器など、「Graphpaperだからこそできる展示を。」という 鈴木麻起子氏の挑戦する思いが込められた展示となります。

2016年10月22日(土) - 10月30日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

《お客様へ ご案内とお願い》
企画展開催初日の22日は多くのお客様の来場を予想しており、 会場キャパシティの都合 及び 安全面への配慮から、5名様ずつの入場制限をさせて頂く予定です。

開店1時間前の11時より、整理券を配布致します。 近隣にお住いの方のご迷惑となりますため、11時以前に店舗前でお待ちになるのはご遠慮願います。
(11時以前に並ばれても順番は無効とさせて頂きますので、ご注意下さいませ。)

また、転売目的のお客様の来場は固くお断りさせて頂きます。

ひとりひとりのお客様にゆっくりお買い物を楽しんで頂くため、 当日は上記の点をご了承のうえ、お越し頂けますよう宜しくお願い致します。
皆さまにお目にかかれるのを楽しみに致しております。

Graphpaper スタッフ一同

2016
SAT 8 OCT - SUN 16 OCT

Museum von FRANK LEDER

ベルリンを拠点に、ドイツの歴史・人々の生活・自然をインスピレーションに深いストーリー性を感じさせるコレクションを展開する”FRANK LEDER”。独創的な観点から作り出されるユニークなコレクションは、数あるファッションブランドの中でも一線を画する知的なポジションを確立しています。31回目となる今回は、過去30回のコレクションの”集約”。それは今までのFRANK LEDERがたどってきた軌跡を振り返るようなコレクション。その集約されたコレクションに触れることのできるこの機会に、グラフペーパーの視点で‘博物館-Museum’と称し、「FRANK LEDER」をプロダクトやアート作品と同様な感覚で取り上げます。 特に、コレクションの定番として生き続ける2素材である”ジャーマンレザー”と”ヴィンテージベッドリネン”をそれぞれFRANK LEDERを表す上での作品としてピックアップし、「その魅力とは」をアーカイヴ・ストーリーと共に振り返ります。 過去のコレクションのインスピレーションとなったアートピースや什器、ヴィンテージの小物などを展示し、グラフペーパーが紐解くFRANK LEDERの旅路、深い世界観をご紹介致します。

2016年10月8日(土) - 10月16日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT 24 SEP - SUN 2 OCT

AUGUSTE-PRESENTATION
POP-UP GALLERY #3

今回で3度目の開催となる本企画展ではブランドとしても初の試みである新たな商品が展開される。大判1枚写真をインクジェットプリントしたオリジナルファブリックのラ グや、三重県の家具職人松谷さんと制作した椅子、林檎と梨の形をしたアロマポッドオブジェクトでヘタを 抜いて精油を入れてヘタを戻すと精油が垂れてきて木自体にも経年変化して香るアロマポッドなど、デザイ ナーが産地で見つけてきた面白いアイディアを落とし込んだ、デザイナーのパーソナルな部分がより色濃く 出た企画展となっています。

2016年9月24日(土) - 10月2日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT 10 SEP - SUN 18 SEP

“蠣﨑マコト”
EXHIBITION

澄んだ透明さと洗練されたミニマルで美しいフォルムが特徴の蠣﨑マコト氏の作品。
光に照らされ浮かび上がる陰影や光の揺らぎは、実用性を超えたオブジェのような佇まいを感じる。 今回の企画展では、氏の代名詞である透明な作品や、 新たに追求している石や紙からインスピレーションを受けた独特な質感や色味をもった作品に加え、 Graphpaperの為だけに製作された特別なグラスも販売。 ため息の出るような美しく繊細な世界観を、是非お楽しみくださいませ。

2016年9月10日(土) - 9月18日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT 3 SEP - SUN 11 SEP

“_Fot”
EXHIBITION

日本生産により、木をモチーフとしたシューズと小物によるコレクション シンプルな美しさ、生活に寄り添ったデザインの_Fot。 今回のコレクションは 職人さんによるプライウッド(家具などで使用される技法で 薄い木を一枚一枚重ねて曲げる技法です)を用い、バックの底、小物などに活かされています。 靴のヒールはメープルの木を使用し、〇△□のデザインにて25mmと65mmと異なる高さのヒールをご用意しています。

2016年9月3日(土) - 9月11日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
THU AUG 23 - SUN AUG 28

“OAMC”
POP UP at Graphpaper

現代的な審美眼と最新鋭の技術を融合した件ずウェアコレクションを提案する"OAMC”。 現代におけるライフスタイルやカルチャーのあり方を敏感に察知しながら、機能的かつ合理的なデザイン、技術や素材の開発における革新・ワークウェアの歴史・伝統に基づいた職人技から得たインスピレーションを、先鋭的なプロダクトへと昇華させている。
プロダクトに使用される素材や部品のほとんどは、OAMCのみに使用するために開発され、それらから生み出されるアイテムまさに”プレミアム”なアイテムばかり。

今回のPOP UPでは、今シーズンの新作に加え日本未発売のスニーカーなども期間限定で販売いたします。

2016年8月23日(火) - 8月28日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT AUG 13 - SUN AUG 21

Aeta
"One lifetime,One meeting."

様々な国や地域に赴き、現地での一期一会を形にしているブランド 「Aeta」
ブランドネームの語源は日本語の「逢えた」に由来し一つ一つの出逢いを大切に型にはまらない自由な発想で、丁寧なものづくりを信条としています。

この企画展では、皮革産地でもあるバングラデシュの上質なカウレザーを使用した「LEATHER COLLECTION」の新しいラインナップや、新たなシリーズとして中国のウェルダー(熱溶着)加工という特殊な技法を取り入れた「WELDER COLLECTION」などがご覧頂けます。また元々お取扱いのあったアイテムに加え、新型のバッグやウォレット・名刺ケースなど幅広いラインナップで展開いたします。

2016年8月13日(土) - 8月21日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT JUL. 23 - SUN JUL 31

ED ROBERT JUDSON
"β LABO"

「日常の物事をヒントに架空の職人が生み出すアイディアツール」をコンセプトに、素材、付属、仕様、作業プ ロセスに至るまで、独創的なアイディアでオリジナリティを追求する ED ROBERT JUDSON 同ブランドが、実験的なアプローチを行うβ版として発信するニューライン、ED ROBERT JUDSON β によ る企画展 "機能や素材の研究所 = LABO" を開催致します。

2016年7月23日(土) - 7月31日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT JUN 11 - SUN JUN 19

"AUGUSTE-PRESENTATION"
POP-UP GALLERY

AUGUSTE-PRESENTATIONの2回目となる企画展をGraphpaperにて開催。 気持ちのいいシーツを纏ったような肌触りを感じれる様なリネン生地をインドで生産した後日本で水洗い手干しして制作した外出着としても着れる「AUGUSTE-PRESENTATION PajamaLook」をメインに展開。さらに2015年より新たにスタートした、ルーズに肉体と布の間を調和させる事を目指したギリシャ「ガウン」と肉体と布との間をタイトにつつみ込む事を目指したエジプトの「ファンデーション」とのバランス解釈精神風土にそってものつくりをしてく新しい「GOWN&FOUNDATION」も展開します。

2016年6月11日(土) - 6月19日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2016
SAT APR 02 - SUN APR 10

"COMOLI"
EXHIBITION at Graphpaper

COMOLI の企画展をGraphpaperにて開催。
企画展の為に特別に製作されたGraphpaperの別注アイテムをリリースします。 ハリのあるコットンタイプライターのジャケットとベルテットパンツ、リネンウールのジャケットとイージーパンツ、 ミニ裏毛のショートスリーブスウェットの計5アイテムをラインナップ。 グラフペーパーのミニマルな質感をイメージさせるスペシャルアイテムです。

COMOLI : 2011 年にデザイナー小森啓二郎が立ち上げたブランド。“全ての洋服の原型は欧米から生まれ、ある目的の為に作られた物である。” この考えの基、“今の”日本の気候に合う、日本人の体型に合った、上質でシンプルな日常着を展開。

4月2日(土)〜4月10日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2015
TUE DEC 08 - SUN DEC 27

"Takeshi Tsujino"
+
fresco

Takeshi Tsujino + fresco ガラス展

2015年12月8日(火) - 12月27日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2015
TUE NOV 24 - SUN DEC 06

Candle Hours with the
world of “CIRE TRUDON"

フランスで最古の歴史を誇る老舗キャンドルメーカーCIRE TRUDONのポップアップを開催致します。 ルイ14世以来フランス王室に300年以上も愛され続けるCIRE TRUDONのキャンドルはハンドメイドによる伝統的な製法を厳格に守り続け、植物性ワックスやビーワックスなど天然原料のみを使用。 環境にも配慮して造り上げられるキャンドルは、芸術的な香りを持ち、誇り高くその存在感を放ちます。 イタリアのヴィンチ地方の職人によって作られる手吹きのグラスもまた美しく、手吹きだからこそあらわれる繊細な表情の違いは、火を灯されてゆらゆらと柔らかく揺らめくのです。 ホリデーシーズンに向け、小さなキャンドルのギフトセットやほのかに香り漂うセンテッドマッチなど 普段よりもより多くのセレクションで皆さまをお迎え致します。

2015年11月24日(火) - 12月6日(日)
OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2015
TUE NOV 10 - MON NOV 23

“OLDMAN’S TAILOR" EXHIBITION

山梨県富士吉田市を拠点に古き良き時代の産物を大切に想い
今尚受け継がれる伝統技術を現代的解釈のもとアップグレードしたモノ作りをする
OLDMAN’S TAILORの企画展と2016春夏の受注会をGraphpaperにて開催いたします。

また、企画展を記念しOLDMAN’S TAILOR for Graphpaper別注デニムセットアップを発売いたします。

「OLDMAN’S TAILOR」
その大地に生まれ親しまれてきた素材、技術を愛おしく想い
新しきを育てる 憧れた国、文化、生活、風景を見渡し感じたままを創造する。

11月10 日(火) – 11月23日(月) ※月曜定休、祝日営業
OPEN 12:00 CLOSE 20:00

2015
WED OCT 14 - SUN OCT 25

La Maison de Vent
“鈴木麻起子 めぐり逢う器”

正確なかたちを創り出すのと同じくらい、美しいゆがみを創り出すのは難しい。
「ずっと作りたいと思っていたものが、やっと形になりました。」と鈴木麻起子氏が語る ゆがみのある器たちは、それは美しく、優しく、人の心を魅了する。

La Maison de Vent 鈴木麻起子
陶芸家 鈴木麻起子氏によるブランド
2003年に陶芸を志した後、2006年に「potbleu」というブランドをスタート。
2009年にブランド名を「La Maison de Vent(ラ・メゾン・デ・ヴォン)(風の家)」と改め、作品制作を手掛けている。

OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2015
SAT SEP 19 - WED SEP 23

“pumice and scoria”

pumice and scoria
葉植物とアンティークの専門店day and lightの企画展【pumice and scoria】をGraphpaperにて開催します。 通常取り扱いのある桜島の白軽石で作られたポットや植栽に加え、1000年以上前の開聞岳噴火時のスコリアをベースにオリジナルでブレンドした直接植物を植え込む事が可能な素材を使用した用土も販売いたします。
期間中9月19日(土)〜9月21日(月)の3日間、day and lightの 吉嶺 晃 氏をお招きする予定です。

OPEN 12:00 CLOSE 20:00

2015
TUE SEP 08 - SUN SEP 13

“niuhans for Graphpaper”

niuhans for Graphpaper
- ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの - EXHIBITION
niuhans のもつシンプル且つクリーンなデザインは時を経ても変わらない。
伝統的な技法を取り入れながらも現代にあわせた要素もあり、人種・性別・年齢・職業等を問わず、世界中の人々へと提案し続けるniuhans。こだわりのつまったブランドの世界観がGraphpaperにて披露されます。
期間中、過去のアーカイブやGraphpaper別注商品、niuhans 15AWのイメージ写真を撮り下ろしたAda Hamza ( アダ ハムザ )とコラボレートしたバックパックなど、特別商品の販売も行います。 Ada Hamza - adahamza.com

PROFILE : niuhans ( ニュアンス )
デザイナー濱田 大輔 手掛けるブランド。1983年生まれ。21歳の時に渡仏。「Kitsun'e」デザイナーアシスタントに。その後ロンドンに渡り「アンソフィー バック」などのコレクションブランドで経験を積み、2009年に帰国。翌年、自身のブランド 「niuhans」を立ち上げる。Anders Edstrom や Marcelo Gomesなどを起用したルック写真も魅力のひとつ。 niuhans - www.niuhans.com

OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2015
SAT AUG 22 - SUN SEP 06

“LAYERD-10¹² TERRA”

LAYERD - 10¹² TERRA EXHIBITION
バランス良く積み重ねられた石、積層した石のように時間を経たモノたち。
それぞれの思いが重なった品を10¹² TERRAのショーケースで見立て展示。

Each of LAYERD : SPECIAL COLLABORATORS
飯田竜太 ( Sculptor・Nerhol ) / 川口昌亮 ( Florist Pointneuf Supervision )
外所一石 ( Producer・Conceptor ) / 小島ケイタニーラブ ( Musician )
酒井景都 ( Model・Designer ) / 作原文子 ( Interior Stylist )
西村浩平 ( DIGAWEL Designer ) / モコメシ ( Food Designer )
山本康一郎 / 郷古隆洋 ( SWIMSUIT DEPARTMENT DIRECTOR )
大原大次郎 omomma ( Designer・Artist )
and more…

OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

2015
SAT JUL 04 - SUN AUG 02

“NAOTSUGU YOSHIDA ”

吉田直嗣 展
OPEN 12:00 CLOSE 20:00
好評につき展示期間を延長致します。

PROFILE : 吉田直嗣(よしだ なおつぐ)
1976年 静岡生まれ。東京造形大学卒業後、陶芸家 黒田泰蔵氏に師事。
2003年 富士山のふもとに築窯。

2015
TUE JUN 16 - SUN JUN 28

“北欧のカタチ展”

北欧のモノが好きです。 何故、離れた場所にあり訪れたこともないのに心惹かれ、懐かしさや共感すらおぼえるのでしょうか。
今回の展示は私の個人的なコレクションや長野のhalutaの荒井さん、北欧家具taloの山口さんにも個人的なコレクションを出していただき、個人的な展示をしてみます。 この展示をきっかけにまた新たな方々とつながり、さらなる発展を遂げた北欧のカタチ展をできればと思っていますので、今回は序章として捉えていただければと思います。 とはいえ、かなり貴重なものもありますのでお楽しみに…。

EXHIBIT : Carl-Harry Stalhane / Erik Hoglund / Berndt Friberg / Kaj Frank / Stig Lindberg / Timo Sarpaneva / etc...

OPEN 12:00 CLOSE 20:00

2015
TUE MAY 19 - SUN MAY 31

“AUGUSTE-PRESENTATION”

5/19火曜日よりAUGUSTE-PRESENTATIONの企画展を開催。
Graphpaper for AUGUSTE-PRESENTATION
Date:05/19/2015〜05/31/2015
pPlace:Graphpaper 2F

OPEN 12:00 CLOSE 20:00

2015
TUE APR 21 - SUN MAY 10

“CHACOLI”

CHACOLIのバッグは全部で8型。そのすべての型に共通するのが、たくさんの仕切りの存在と形崩れしない形、そして軽さ。混在しがちな本やノート、お財布などをきれいに収納できる仕切りが豊富にあることで使う人の用途を選ばない。持ち手と四辺のテープによって布に張りを与え、自立する形をキープすることを可能にしている。さらに軽量化をはかる為、持ち手の長さを短くし、裏地を使用していないながらも美しいディティール。 このような細部にわたり丁寧な縫製で尚且つ高い機能性を持ちながら、使う人にとって必要以外のものは削ぎ落としミニマムなデザインに仕上げられた『CHACOLI』。
CHACOLIとGraphpaperの世界観が融合し、ギャラリーのアート作品のような空間を演出。

OPEN 12:00 CLOSE 20:00

2015
FRI FEB 27 - TUE MAR 31

“SUEKI CERAMICS”

SUEKI CERAMICSは、徳島県鳴門市大麻町、大谷焼という徳島特産の焼物の歴史ある窯元から生まれた器であり、大谷の赤土や阿波の青石など、地元産の素材を使っています。 OOTANIシリーズは赤土を使用し、落ち着きのある風合いに仕上がっています。 5色いう豊富なカラー展開で、和洋中どのお料理とも馴染む色合いや独特な色のくすみ具合が魅力的です。 AOISHIシリーズは、釉薬に阿波の青石を使用しています。青石の釉薬は焼成時に流れやすい性質をもちますが、試行錯誤の末に生まれたのがこのシリーズです。OOTANIシリーズのくすみとは対照的に、澄んだクリアな色合いが特長です。 *こちらは受注生産商品です。 食器以外にも、光を透過する釉薬を用いた間接照明の販売もしております。 焼物からこぼれる柔らかな光はなんとも言えない美しさです。

OPEN 12:00 CLOSE 20:00

Graphpaper

1A/2D KARI MANSION,5-36-6
Jingumae,Shibuya-ku,Tokyo,150-0001,Japan
TEL 03 6418 9402

© 2017 Graphpaper All rights reserved.